収入証明書類の提出ライン

消費者金融はその借りやすさゆえに、多重債務の温床ともなりかねません。

 

多重債務の目をあらかじめ積んでおくために、政府は消費者金融に対して、「50万円以上のお金を貸す時、もしくは他社からの借入と合計して100万円以上のお金を貸す時」には、収入証明書類の提出をするように義務付けています。

 

収入証明書類とは、サラリーマンであれば源泉徴収票や給与明細、自営業者であれば税額通知書や確定申告書などが該当します。特にサラリーマンの方は、改めて源泉徴収票を会社に請求するのは少し気が引けるというもの。お金を借りるということがばれかねません。

 

消費者金融と比べて、銀行のカードローンにはそのような決まりは特にありません。

 

北洋銀行のカードローン「スーパーアルカ」もその一つで、スーパーアルカでは申込金額が500万円以下であれば収入証明書類を提出する必要がありません。以前は「300万円以下」でしたが、基準がさらに緩和されて500万円になったようです。

 

500万円もの大金を貸すのに収入証明をとらない、銀行の気持ちを考えると少し怖いくらいですね。

 

他の銀行カードローンですと、100万円の申込金額で収入確認書類を要求する金融機関もあることを考えれば、かなり気が楽になります。

 

また、銀行のカードローンの中でも所得証明の提出ラインが300万円までと高額まで手軽な手続きができるオリックス銀行カードローンの審査内容よりも、北洋銀行のカードローンは大きな金額まで所得証明の提出が不要となるということです。